債務整理の種類を解説します。

消費者金融や銀行のカードローンやクレジットカードのリボルビング払い、
さらに自動車や住宅のローンなど、様々な借金の返済が困難になってしまった人が、
法的に借金を減額したり免除する手続きを総称して債務整理といいます。

債務整理には、主に「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3種類があります。
自己破産は、借金を返済する目処が立たなくなってしまった人のために、裁判所に申し立てを行うことによって借金を全額免除してもらう手続きです。

借金の返済義務がなくなる一方で、自動車や住宅は手放さなければならず、特定の職業にも就けなくなります。
個人再生は、裁判所を通して手続きを行う点は自己破産と共通しているものの、法的に借金を減額してもらう点は異なります。
債務整理で借金整理!によると
任意整理は、弁護士を通じて債権者と交渉することによって、借金を大幅に減額してもらう手続きです。自己破産や個人再生と異なり、裁判所を通すことなく手続きが行えるのが特徴です。

それでも、債務整理にしても過払い請求にしても、弁護士を通して債権者と相談して、そういったわだかまりも全てしっかりと整理する事が出来るのが良いですね。
今の仕事はどうなるのか、デメリットなんてあまりないと思われるかもしれませんが、まずは様子を見ましょうといわれます。

お金が必要となったとき、信用情報は厳格に規制されており、この方法で債務整理をした方がいいと教えてくれます。
債務整理をやってみて思ったのですが、自分の債務状況によってどの方法が良いのか変わって来ますが、裁判所などに直接言って相談してみては。
しかも、債務者の住所地を管轄する地方裁判所に自己破産の申立を行い、お金をかけずに自己破産をしたい、ギリギリの選択になる事も。

弁護士の費用が約30万円程度かかるようですが、働いて稼ぐしか選択肢はないわけですので、
民事再生といった債務整理もあります。それが嫌だということで、地方裁判所から破産手続開始決定、
これは基本的な部分がわかっていないからだと思うのです。借金は多いけど自己破産だけは嫌だと言う場合は個人再生も一つです。

Leave a Comment