債務整理の種類を解説します。

消費者金融や銀行のカードローンやクレジットカードのリボルビング払い、
さらに自動車や住宅のローンなど、様々な借金の返済が困難になってしまった人が、
法的に借金を減額したり免除する手続きを総称して債務整理といいます。

債務整理には、主に「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3種類があります。
自己破産は、借金を返済する目処が立たなくなってしまった人のために、裁判所に申し立てを行うことによって借金を全額免除してもらう手続きです。

借金の返済義務がなくなる一方で、自動車や住宅は手放さなければならず、特定の職業にも就けなくなります。
個人再生は、裁判所を通して手続きを行う点は自己破産と共通しているものの、法的に借金を減額してもらう点は異なります。
任意整理は、弁護士を通じて債権者と交渉することによって、借金を大幅に減額してもらう手続きです。自己破産や個人再生と異なり、裁判所を通すことなく手続きが行えるのが特徴です。

Leave a Comment